The Center of the Body ―体幹機能の謎を探る 第6版ー

009-002
定価(税込)
¥3,500
販売価格(税込)
¥3,000
在庫状態 : 在庫有り
数量

A4判 380ページ
関西理学療法学会 編集
鈴木俊明・他(監修)
ISBN-978-4-86415-059-0 C3047 P3500E
書籍JANコード 1923047032416

2015年12月 発売
クロネコDM便発送可(注文時備考欄に「DM便希望」とご記入下さい)


<目 次>
■第1章 体幹の解剖運動学 1
第1節 総論
第2節 体幹の骨格
第3節 体幹筋群の解剖学
第4節 体幹の解剖運動学と筋機能
■第2章 体幹の神経生理学
第1節 体幹の神経機能
第2節 脳血管障害片麻痺患者の体幹筋の筋収縮で誘発される麻痺側上肢の
連合反応とその神経生理学的メカニズムに関する研究
■第3章 姿勢・動作における体幹機能
第1節 臥位・座位および立位における体幹機能
第1項 臥位における体幹機能
第2項 座位における体幹機能
第3項 立位における体幹機能
第2節 ステップ動作における体幹機能
第3節 歩行における体幹機能
■第4章 運動器疾患における体幹機能とそのアプローチ
第1節 総論
第1項 頸部・体幹の運動器疾患における体幹機能とそのアプローチ
第2項 上肢の運動器疾患における体幹機能とそのアプローチ
第3項 下肢の運動器疾患における体幹機能とそのアプローチ
第2節 各論
第1項 慢性腰痛症における体幹機能とそのアプローチ
第2項 肩関節疾患における体幹機能とそのアプローチ
第3項 膝関節疾患における体幹機能とそのアプローチ
■第5章 神経疾患における体幹機能とそのアプローチ
第1項 脳血管障害における体幹機能とそのアプローチ
第2項 パーキンソン病における体幹機能とそのアプローチ
第3項 脊髄小脳変性症における体幹機能とそのアプローチ
第4項 ジストニアにおける体幹機能とそのアプローチ
■用語集
■索 引


(「監修にあたって」より)

今回は、関西理学療法学会シリーズの第1弾として「The Center of the Body―体幹機能の謎を探る―」をアイペックから発刊する運びとなりました。本学会では以前から、リハビリテーション臨床における体幹機能の重要性を意識し、研究テーマのひとつとしてまいりました。「臨床において考えた体幹に関する疑問を解決する」という目的のもとにおこなった研究が進むにつれて、体幹機能の重要性に対する意識はますます高まってまいりました。しかしながら、体幹機能についてはすでにその重要性が提唱されているものの、その理由やメカニズムについて詳細に記述された書籍は見当たりません。そこで本学会では、これまでの研究成果を早急に世に問う必要があると考えて書籍にまとめるに至りました。
本書では、体幹の解剖学・神経生理学、健常者の動作における体幹の特徴、運動器疾患、神経疾患の体幹機能の特徴とそのアプローチについて、研究結果をふまえて詳細な解説を加えております。患者様によりよいリハビリテーションを提供するため、本書を手にとってくださった先生方と、さらにこれから臨床で活躍しようとしている学生の皆さんにお役に立てることを願ってやみません。

鈴木俊明/三浦雄一郎/後藤 淳/渡邊裕文/大工谷新一

The Center of the Body ―体幹機能の謎を探る 第6版ー — 関連商品

  • 009-002

    The Center of the Body ―体幹機能の謎を探る 第6版ー

    ¥3000
    » 詳細を見る

  • 009-003

    Physical Therapy for Shoulder Disorders ー肩関節疾患と理学療法 第2版ー

    ¥4300
    » 詳細を見る

  • 009-004

    臨床理学療法評価法 第2版

    ¥6372
    » 詳細を見る